高所平気症とは

高所平気症の基礎知識

高所平気症とは

高所恐怖症ではなく高所平気症

高所平気症

高所「恐怖症」という言葉はご存知の方も多いでしょう。この聞きなれない高所平気症とはどういう症状なのでしょうか。その漢字からおよそ想像はつくと思いますが、高所平気症とは簡単に言いますと。「高いところを高いとも思わない感覚」を指します。

この高所平気症は、子供の生育環境の改善を研究されている「こども環境学会」の織田正昭先生が提唱されているのですが、先生いわく、好奇心旺盛な子供の行動に合っていないマンション設計上の問題が絡み合っているのではないかとのこと。

つまり、昨今のマンションからの転落事故は、この「高所平気症」が強く関係しているのではないかというひとつの見方を提示しているのです。


高所平気症とは

ではここで、この高所平気症を詳しくご紹介するため、産経新聞の記事から一部抜粋します。
------------------------------------

織田氏によると、子供は立体的なものに対する感覚が未発達で、自分が高層マンションに住んでいても高いところにいるという意識があまりない。また高層マンションで育つ子供は、高所に慣れる傾向があるため、高さについての恐怖心が薄くなる「高所平気症」になりやすい。これが原因とは一概には言えないものの、下を覗き込んだりしているうちに誤って転落してしまうケースもあるという。

転落する子供で多いのは2〜3歳までの幼児と小学高学年〜中学生まで。2歳ごろは安全に対する感覚の未熟さが原因らしいが、小学高学年くらいの子供は、好奇心旺盛で行動の予見ができないため危険性が高いという。

織田氏はこのような子供たちに対して、マンションの設計が合っていないとも指摘。マンションのベランダの柵の高さは、建築基準法で110センチ以上と決められているが、その程度の高さでは子供は簡単に乗り越えてしまうという。

------------------------------------

何度読んでも怖い話である。

高層マンションの上層部に住む人が多くなっている昨今、高さ数十メートルのところにすんでいることが高さへの感覚を麻痺させるようです。本来、非日常であるはずのものが日常化してしまうということ。感覚を失う、落ちたときの衝撃、痛みへの想像力が欠如していることへの弊害です。

この事実に直面し、わたしたち親に何ができるのか、真剣に考えるべき時代に突入したのです。

| ホーム | 理念・目的 | 高所平気症とは | 高所平気症関連の事件簿・最新情報 | 高所平気症を治すには | 高所平気症関連リンク集 | サイト運営者情報 |

Copyright (C) 高所平気症の基礎知識 All Rights Reserved.